常に追い込まれている若手サラリーマンのブログ

何かせねばっ!という強迫観念に追われた若手サラリーマンのブログです

実学か学術か選ばねば!

 こんにちは、最近テニスがやれてハッピーです^^

都内ですとなかなかテニスコートが取れなかったりやたらと高かったりするのですが、

週中頃に空いていないか見てみると取れたりします。

 

 最近ですね、友人と大学院へそろそろ行くのもありじゃないか(特にMBA)という話をしていて、週末になると説明会なんかに足を運んでいたりします。

 

 MBAなんかだとハーバード大学MBAを取得してそのあとに企業したり重要なポストについた輝かしいエリートなキャリアをよく見かけますが、Digiguignolはそんな素晴らしい学歴を持っていないので2nd Tierなりにどうやって生き残っていくかを考えつついろいろと回っています。自分に自信を持って上を目指し続けることは大切ですが、自分はそれなりである、という自覚も忘れずにするのはキャリアでは大事な気がするのです。でないと後々自分が辛くなりそうな気がしますし笑

 

 とまぁ、そんな気分の元、仕事をしながらでも通えるといわれている夜間のMBAに最近とっても興味を持っています。この間は筑波とグロービスを見てきたのですが、グロービス実学を、筑波は学術的な学びを得ることができる場なのではないかと感じました。

 

 今の時代、実学のほうが大切と叫ばれているような気もしますが、実学とはいったいなんなのでしょうか。ケーススタディなのか、はたまたクラス内ディスカッションなのかとっても気になるところです。自分は学術こそが、理論こそが新たなケースやフレームワークを生み出したりする礎なのではないかと思っているのですが、確かに学術は活かしきれないことを考えると実学のほうがリターンは見込めそうな気も。。。

 

なんにせよ、2択であればどちらなのか、ビジネスマンとしての考え方がでそうなトピックでしたー。