常に追い込まれている若手サラリーマンのブログ

何かせねばっ!という強迫観念に追われた若手サラリーマンのブログです

MBA不要について

 タイトルについて、最近よく聞きます。おそらく今40代くらいの方の時代はMBAが日本でも評価されていて、それ自体が価値になっていたのかと思うのですが、ここ最近はMBAなんかとっても意味ないじゃん、っていう論調が目立っているようにdigiguignolは思います。果たしてどうなんでしょうか。

 

 確かに費用は高いし、その割にリターンちゃんと戻ってくるのか不安はあると思うんですけど、MBAとろうとしたら相当な英語力は身につきそうじゃないですか。

 それに卒業するまでに英語でクラスメイトとビャービャー言い合えるくらいの肝っ玉とディベート力は身につくと思うんですよ、加えて自分の得意領域の理解をよりspecializeできるようなプログラムが多いようなので良さそうだなあと思うんですよ。

 さらにさらに、MBAとろうとする人はそれなりに凄い人や野心家が多いと思うんです。朱に交われば赤くなるんだし、これは乗っかっといて損はないと思うんです。

 これだけメリットが思いつくのにどうして不要なんですかね、MBAMBAホルダーが自分がとったMBAを完全否定するケースはなかなか見つからないし、否定している人たちの大半はMBAホルダーじゃないんですよね。。。

 

 と書くとdigiguignolが学歴コンプレックスがやたら強いように勘違いされるんですが、コンプレックスはないけど良い学歴があったらそれに越したことはないよね、っていうスタンスです笑 できればMBAでなくとも修士は修めておきたいなー笑。と思うのでした笑