常に追い込まれている若手サラリーマンのブログ

何かせねばっ!という強迫観念に追われた若手サラリーマンのブログです

英会話学校について考えて見る

 うちの会社は昨今のグローバル化の波に乗っかっていこうとしているようですので、

英会話学校に通うと補助金が出るんです。

 

 そこでdigiguignolも通ったほうが良いかと思いまして、少し検討中です。駅前英会話はなんか信用できないので、個人的に気になった2校をピックアップ〜

 

 まず1つ目は絵に描いたようなデキるビジネスマンを囲い込んでいこうとしている

ニューヨーク大学プロフェッショナル学部東京校!

 名前を見てOh!なんかすごそう!とおもったのでページを見てみました!

www.sps.nyu.alitokyo.jp

 

 この語学学校の最大のポイントは講師の質が高くTESOLという外国人に対する英語教授法の資格を持っているところだとか。こりゃまたすごい。

 

 でもですね、これ2つほどdigiguignol的に気になることがありまして、、、運営者はカワイ学館というところらしいんです。。。内容なんかはNYUにアプルーバルもらったりしているとは思うんですけど、digiguignolはこれ知った時なんか中国製のライセンスブランド見たような気分になりました← 

 

あともう一つ、講師が経験豊富なのはいいんですけど、あくまでも英語の先生なんですよね。。。ビジネス×英語を売りにしているのだからできれば英会話教師でなくてビジネスマンに教えてもらいたいものです。

 

 でもなんというか、、、意識高い系なビジネスマンは好きそうですよね笑

 

 

 そして次に、ブリティッシュカウンシル。英国の公的機関が運営している英会話学校です。

www.britishcouncil.jp

 

 Digiguignol的にはこちらがおすすめ、というか好きです笑 というのも日本ではあまり聞きなれないブリティッシュアクセントの英語を学べるし、講師の約9割は英国人なんだそうです。ビジネス英語にしてもどちらかというと時事英語、文法などの基礎固めを学べるようです。

 実際にDigiguignolもレベルチェックに行ってみたのですが講師はもろにネイティブでした。しかもイギリス英語だからぼそぼそと何を言ってるか聞き取りにくい笑

 加えてそんなに仰々しくもないので、なんか良い感じです笑

 

 とまぁ、Digiguignol的に興味がある英会話学校でした^^ もしもいい感じのところがあったら知りたいな〜。